病と闘う友人を応援するブログです。 彼を知る方(そうでない方も) 応援をお願いします。 がんばれ!! サクエモンの会

ロゴ カラー横なが.png

バレエ・ダンス発表会/演劇/舞台のビデオ撮影はスカイパシフィック・ビデオワークス

2010年04月21日

御仏ワンダーランド!

今日は仕事で茨城県牛久市へ行ってまいりました


思ったより早く撮影が終わり
「・・・はぁ〜・・・会社かえりたくねえなあ〜・・・」
心身ともにお疲れぎみの男の車は
「牛久大仏、この先左」の看板に沿って進んでいくのでした。

やがて姿を表す、その巨大な物体!

ぎゃ〜!で、で、出た〜!
信仰心など抜きにしても、巨大な人型ってのは有無をいわせぬ圧倒的な畏怖の念と高揚感を見る人に与えるものです。 しかもギネスブックにのっている世界最大の大仏です!
どのくらいすげえかっていうと「奈良の大仏」が手のひらにのるくらいですってよ奥さん
俺の存在なんて、すげえちっぽけ
ushikudaibutsu1.jpg

この存在感は写真じゃあなかなか伝わんないなあ

ushikudaibutsu2.jpg

で、この大仏、体の中に入れるそうなので(有料)
入ってきました。

平日なので人は少なめで、大仏様の足元にある入口にいくと雰囲気はテーマパークのアトラクションですよ! 
受付のおばちゃんが「はい、そこで靴脱いで扉の前で立っててください」とのこと。言うとおりにすると重々しい扉が両側に電動でスーッと開き、中では別のキャストのおばちゃんがお待ちかね。
おばちゃんがボタンを操作すると背後の扉が閉じて照明が消え、なにも見えない漆黒の闇
「ひえっ!」
暗闇に俺とおばちゃん二人きり、いやーん!襲われる〜!
そこで流れてくるナレーション
「この闇は人の欲望が作り出す心の闇なのです、この闇を照らすのは御仏の慈悲の光だけ・・・」とかなんとか(うろおぼえ)あれです、アトラクションの前室での説明部屋みたいな感じです。
いやがうえにも高まる期待!

そして前の扉が開き虹色の光を放つ大仏様の胎内めぐりの始まりです
そうか〜、大仏さまの胎内では、胡弓の奏でる「タイタニック愛のテーマ」が流れているんだね。
あんな豪華客船も一瞬にして沈んでしまうという、無常を表しているのね。
大仏さまの体をめぐっているうちに私の心もしだいに落ち着きをとりもどしてまいりました。

清々しい気持ちで大仏様の外にでると、スキンヘッドの外国人がおねえちゃんとチュウチュウしていました。

よ〜し!明日もはっちゃけるぞ!
posted by makoto at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック